レディー

ふるさと納税のメリットとデメリット|カード払いの注意点

お得な寄附金を利用しよう

お肉

ふるさと納税は、納税という名称になっていますが扱いとしては「寄附金」となるようです。ふるさと納税の一番のメリットは住民税と所得税の控除です。また、ふるさと納税を納めることで各自治体の特産品をもらうことができるメリットもあります。

読んでみよう

ふるさと納税の登録手順

田舎

ふるさと納税を納めるうえでは、確定申告が必要なケースとそうでないケースが必要です。確定申告なしで行なうためには書類提出が必要になってきます。手続きの手順は各自治体で聞くことができます。

読んでみよう

税金の使い道を考える

蟹

ふるさと納税は、収めることでその税金の使い道を自分で指定することができます。被災地へ向けて何かしてほしい希望があれば2000円寄附するだけでも使い道を指定することができます。

読んでみよう

税金という名の寄附金

きのこ

何かとお得と言われているふるさと納税ですがいくつか注意点もあります。ふるさと納税は、収入や家族構成によって還ってくる価格に違いがあります。また控除される税金にも上限額があるので、それ以上の納税は逆に損になってしまうこともあるのです。当然その上限を超えていなければ、大変お得な制度ですので上限額を予め把握して利用するとよいでしょう。上限額を知るためにはネットでふるさと納税のシミュレーションサイトを探してみましょう。シミュレーションサイトでは、簡単におおよその金額を調べることができるものから、細かな情報を見ていくこともできます。
ふるさと納税以外で所得税、住民税を減額する仕組みとして住宅ローンがあります。もし既に住宅ローンで控除を受けている場合には、ふるさと納税の控除額は減額されることもあります。収入が低く、納めている税金自体低い場合にはあまり大きなメリットを受けることができません。逆を言えば収入が多く、所得税や住民税を多く納めている人であれば、メリットの大きい制度の1つです。ふるさと納税の支払いはクレジットカードで支払うことも可能です。しかし、納税をする自治体によって利用できるカードブランドや発行箇所に指定があったりするので、寄附する自治体に確認してみましょう。また、クレジットカードによってポイントが付くこともあるため控除とポイント獲得の両方を合わせることで更にお得に利用することできます。

Copyright© 2016 ふるさと納税のメリットとデメリット|カード払いの注意点 All Rights Reserved.